スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリヒ歌劇場 【トスカ】

2010. . 10
Opernhaus Zürich
G.Puccini "Tosca"

2010.2.26 Fri 19:30

Floria Tosca・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Emily Magee
Mario Cavaradossi・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Franco Farina
Baron Scarpia・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Thomas Hampson
Cesare Angelotti・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Valery Murga
Mesner・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Giuseppe Scorsin
Spoletta・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Andreas Winkler
Sciarrone・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Morgan Moody
Schliesser・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Igor Bakan
Stimme des Hirten・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Claire von Ziegler

Inszenierung・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Robert Carsen
Musikalische Leitung・・・・・・・・・・・・・・・・・・Nello Santi

2月末にチューリヒに行った時の事を先に書かせていただきます。チューリヒは一番頻繁に行っている劇場だ。ヴェネツィアのフェニーチェよりもはるかに多い・・。

ハンプソンのスカルピアが聴きたくて買ったこの公演。彼の歌い方が様式というものに当てはまっているのかは疑問だが、それは別にしてハンプソンらしいスタイリッシュなスカルピアを聴くことができた。最近メトなどでもこの役を歌いだしたらしい。彼の新しいレパートリーなのだろうか?

演出は読み替えでお馴染みのカーセン。この演出の舞台は始終劇場で、舞台の上に客席、その奥にまた舞台があるというなんとも不思議な感じがする舞台装置。1幕ではカヴァラドッシは教会にではなく劇場の客席の壁に絵を描いている。テ・デウムは降臨劇のような出し物が劇場で催されるという設定。2幕では劇場の舞台裏がスカルピアの部屋になっている。実際の舞台裏のように大きく「Vietato Fumare」(禁煙)と書いてあるのに堂々と煙草を吸っているところで客席から笑いが漏れた。

タイトルロールを歌ったマギーは、この役には声が軽すぎるよう。新国「フィガロ」の伯爵夫人や「イドメネオ」のエレットラではなかなかいい歌唱を聴かせてくれたが、トスカでは低音では音程が不安定だし、Tosca(毒の意味も含む)の凄味というものは充分に出せていなかった。それでもやはり中音から高音にかけてはさすがで、「歌に生き、恋に生き」は迫真の歌唱で拍手がなかなか鳴りやまないほどだった。

カヴァラドッシのファリーナはいわゆる「テノール馬鹿」というカテゴリに当てはまるであろうテノール。声量はとてつもなく大きく、高音も良く出るのだが、抒情性というものがまるで感じられないし、棒読みならぬ棒歌いのような感情のない歌い方をする。たまに音程もぶら下がることもある。チューリヒではなかなかブーイングを聞かないが、彼には1人ぐらいブーイングしている人がいた。他の大多数は大きな拍手を送っていたが・・・。チューリヒの観客は結構甘いような気がする。

指揮はもともとカリニャーニの予定だったがサンティに変更になった。「変更後の方が大物」パターン。彼の棒のもとではオケはいつもずれがなくピシリときまるので気持ちがいい。サンティは相変わらず巨匠テンポ(超スロー)で、トスカにしてはあまりエネルギッシュな演奏ではなかったが、ここまで常識で考えられないぐらいテンポが遅くなると別の作品(いい意味で)のように感じられて新鮮。

IMG_0867_convert_20100510205748.jpg
スポンサーサイト

comment

keyaki
プレミエでは、カヴァラドッシがカウフマンで、すでに日本ではテレビ放送されていますが、フランコ・ファリーナがカヴァラドッシですか.....チューリヒ向きの歌手ではないような気がしますが...常連ではないですし、急に決まったのかも...


ファリーナと言えば、
「世界のカラフを自認するフランコ・ファリーナ(アメリカ人テノール)ブロガーに噛みつく」
なんて記事を書いたことがあります。
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2008-06-06
2010.05.13 16:29
ペーター・マッテイって鴻巣に似てね?
2010.05.20 22:11
コーノス
>keyakiさま

ファリーナの記事、拝見しました。彼の意見はずいぶん勝手な言い分に聞こえますね。ブログはあくまで個人の感想の範囲で書いているものだと思うのですが・・。それにしても彼はアメリカ人だったんですね!名前だけ見たらイタリア人ですが。アメリカの「人種のるつぼ」な面を改めて感じますね。
2010.05.30 19:18
コーノス
あ 様

マッテイみたいなあんなイケメンじゃないですよ!前にスカラでマッテイの「ドン・ジョヴァンニ」観ましたが背がめっちゃ高くてかっこよかったし。

ちなみに今フェニーチェで「ドン・ジョヴァンニ」をダブルキャストでやっています。今日も今から見に行くんですが、今日のタイトルロールはホールオペラでも歌っていたヴェルバです。期待!

2010.05.30 19:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://europera.blog65.fc2.com/tb.php/18-98d9fb3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。